FOOL THE APRIL

日常をなんとなく記録するブログ。

それはむしろ僕が首を傾げる。

すでに旬は過ぎた、5日くらい前の話っぽいけども。

「月曜から夜更かし」なる番組での、
マツコデラックスの発言が話題になったらしい。

曰く、今の世の中では、
女が男に合わせないと平等にならないらしい。

まあ、web記事と、
そこに付いてたtwitter上などでの反応だけ見て
何かを語ろうっていうのは間違いなんだけど。

男の社会、なんて言ってるけどさ、
残業しないで十分に稼げるだけの仕事ができるんなら、
みんな喜ぶと思うよ?

男も女も関係なく、
残業しないと回らない仕事があるわけで。

会社としても、
任せた仕事をこなせない人はいらんわな。

男だから残業しているわけじゃなく、
女だから残業できないわけでもしちゃいけないわけでもない。

家事とか育児とかあるでしょ、っていうけど、
だから専業でやってもらって
外で稼いでくる男と分担してたんじゃないの、
今まで。

働くんならさ、責任は果たそうよ。
そういう契約結んでんじゃないの?

上昇志向だか社会進出だか知らないけど、
少なくともそういうのがある女性は頑張ってるじゃん、
そういう会社なのか社会なのかわからんけど、
ルール守ってさ。

そういう人たちを、
スカートはいた男とか、
それこそ侮辱ってもんじゃないの?

男女格差が104位だって言うけど、
じゃあ、例えば日本がアメリカだったら、
日本人女性は活躍してアメリカ並みに順位上げられるの?
全くそうは思えないんだけどな。

だって、バリバリの競争社会だぜ、アメリカ。
日本なんか生ぬるいっつーの。
女性の視点に立ってくれないとか、
そんなこと言ってる間にアメリカ人女性に蹴落とされるよ、
俺も日本人女性も。

男は未だに威張っているだけ、器が小さい、
なんていうけどね。

じゃあ男と同じだけ働いてみろよ、って言いたい。
実際働いて、というより、同じだったりそれ以上だったりの
成果を上げてる女性はいるわけで。

性差がある、女性には女性の特性がある、
っていくら言ってみたところで、
じゃあそれに男が合わせるのは結局、
女が男に合わせて平等、これは間違い、
って言ってるのと何が違うの?

ついでに言えば。
夫婦共働きで、満足いく家庭収入が得られるのも、
今のうちだけだろう。

今よりもっと女性が、
大多数の男と同じように働くようになったら、
仕事にあぶれる男が増える。

多くの女性が働き出したところで、
会社が儲けるお金の総量はほとんど変わらないだろうから、
結局社員の数は横ばいだ。
男女の能力差は本質的にはないはずだから、
企業の社員の男女比は5:5に近づくはず。
つまり、無職になる男が増える。

専業主夫に俺もなりたい。
外に出るのも人に会うのも好きじゃないし、
人混みもスーツも嫌いだ。
家事労働が大変なのは知っているが、
会社に行って働くよりは気分的にはずっといい。

ただ、専業主夫の俺ができないことが一個だけ。

結局男は、どうやっても子供は産めないのだ。

……や、その前に、
お前は結婚できないだろ、ってツッコミはさておき。

もう長くなってきたから
ここらで適当にまとめるけど、
女性には、働きたいなら働きたいで、
しっかり責任さえ果たしてもらえれば
いくらもで俺の上司になってくれて構わないんだけど、
少子化がーとか言うなら、
女性には家で頑張ってくれた方が、
理にかなってるんじゃないかなーと思ったり。

以上。