FOOL THE APRIL

日常をなんとなく記録するブログ。

相棒15 第6話 「嘘吐き」 私的感想ツイートまとめ


うん、今回も面白かった。
あらすじなんかは公式サイトをご覧ください。



以下ネタバレ。






面白いと思う事件は自分で取ってくる!
ウチの営業にも見習って欲しいものですな!




虚言癖のあるマンガ家、三ツ門夏音が路上で、周りの通行人に「嘘吐き」と責められる(という幻覚(たぶん)を見る)。
パニック?を起こした夏音は路上に倒れ込んでしまうのだが、周りの人間はみなスルー。
「誰も消防車を呼ばない」は、火事を見に来た野次馬たちが、誰かがもう呼んだだろう、という一種の集団心理に囚われた結果、誰も消防に通報しないというもの。
東京砂漠なんて目じゃないレベルで周りの通行人がスルーしていったので、もしかしたらここまでが幻覚だったのかも。


いや、予算をどう使おうといいんだけどさ。
あとあと必要なシーンでしょぼい爆発CGとか出されるとね。
日本のテレビドラマは、なぜか爆発CGが死ぬほどしょぼくてカッコ悪いんだよ。




売れてないわりに、一日中アパートの一室に閉じこもってはひたすらアナログ手法で漫画を描き続ける夏音先生。
まあ、その前に稼げるだけ稼いで集中して描いているのかもしれないけれども。




ついに現実で何者かに命を狙われた夏音先生。
助けに駆け寄った右京さんが、夏音先生の顎に手を添え首に付けられた絞め跡を調べるシーン。
この後、無事に右京さんと夏音先生はハグした。




セリーによってもたらされた瀬戸はるかさんの勤め先の情報から、事件の背景が徐々に明らかになっていくわけで……。




海外ドラマだと、顔認証から犯罪者データベースとの照合か、あるいは免許証に辿り着くのが一般的かな。
個人的にはこういうデータ利用はガンガンやっていいと思ってます。
知られて困ることはしてないし、さすがに家の中にまでカメラは無いしね。
あ、でも、なんだっけな、アメリカのドラマで、元は企業弁護士だったのが刑事事件の弁護士に転向して、ブラックハーレムみたいなところに事務所を構えた白人のおばちゃんのあれ。


www.tvgroove.com

そうこれこれ、これでまだ認可されてない、警察のカメラ付きのドローンがハリーの家の中を撮影するシーンがあって、これはさすがにアカンなと思いました。




夏音先生の首を締めたのは、アパートの大家のおっさんでした。
瀬戸さんが横領した金を密かに使い込んでいた模様。




ん?
そもそもよく考えたら、瀬戸さんも横領で逮捕されるんじゃないか?




以上、第6話でした。
そろそろラムネとか陣川くんとか出てくるかな?


Soda