読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FOOL THE APRIL

日常をなんとなく記録するブログ。

クールビズの開始とその無駄について


私事で恐縮だが、勤務先の会社でクールビズが始まった。

事細かな服装の指示については、おそらく世間一般のクールビズとそんなに変わらないものと思う。


  • 襟無いとダメ
  • 肌着着ろ
  • チノパンとか履け、ジーンズも可だけどダメージジーンズはダメ
  • サンダル不可
  • 客に会うときはネクタイしろ


注意書きとして、『汗の臭いにも気をつけること』、とある。


今、目の前に、この注意書きを書いた総務がいたら、問答無用でぶん殴っていると思う。


Tシャツにハーフパンツ、サンダル履きだって汗を掻くのである。

いわんや、こんな、スーツの上着を脱いだだけに等しい格好なら、滝汗間違いなしである。



拭った先から汗をかいていれば、臭いなんぞいくら気を付けたって無駄である。

大体、公の場で拭ける場所なんて体表の内のほんの数パーセントであり、多くの汗かきポイントは人前では拭けない場所だと思う。



となれば、そもそもの汗の量を減らすしか無いのに、こんなクソのように暑い格好を強いられる。

おまけにオフィスのエアコンは、省エネのため、または女子社員の「寒い」の一声で28度とかいう基地外みたいな温度に設定されるのである。

このような状況で汗の臭いに気をつけろなどと、噴飯物であろう。


上記の通り、はっきり言って、クールビズなんぞ無駄である。

そんなことよりスーツ文化さえ滅びれば、全て丸く収まるのだ。