読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FOOL THE APRIL

日常をなんとなく記録するブログ。

2017年02月度の電撃文庫新刊購入予定

読書


 みなさん、日々の業務、お疲れ様です。
 2017年初めの月となる1月、どのように過ごしましたか?
 一年の計、ちゃんと実践できましたか?

 いいんです、気にしなくて。
 そのための現実逃避、そのためのラノベなんですから。
 というわけで、2017年02月度の電撃文庫新刊購入予定の発表です。

86―エイティシックス―

86―エイティシックス― (電撃文庫)

86―エイティシックス― (電撃文庫)


 第23回電撃小説大賞《大賞》受賞作だそうで。
 例年なら金賞銀賞も2月に同時発売していた気がするんですが、なんの都合なんでしょうか、今月は大賞1冊だけみたいですね。
 まあ、同時発売とかされると、1年以上積読したりする読者がいたりするので、その辺の配慮によるものでしょうか。
 あ、僕のことじゃありませんよ?


“その戦場に死者はいない”――だが、彼らは確かにあそこで散った。
サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器《レギオン》による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。
そう――表向きは。
本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。《存在しない“第86区”》。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜《有人の無人機として》戦い続けていた――。
死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遥か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女・レーナ。
二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる――!
第23回電撃小説大賞《大賞》受賞作、堂々発進!

Amazonより抜粋)


 さて、あらすじを読む限りでは、とっても好みで、面白そうです。
 SF、戦闘、少年と少女。
 たまりませんね。
 ええ、さっきから新刊・新シリーズを買ってしまうことに対する言い訳をしているわけじゃないことは皆さんもわかってくれると思います。
 あ、ご存知ないと思いますけど、新年明けてすぐに本棚を整理したんです。
 スペースだけはたくさんあるんです。
 相変わらず積読山はうず高く聳え立っているんですが。

 閑話休題
 あらすじや表紙イラストにも大変惹かれるんですけど、もっとよく見てください、表紙の画像を。
 できれば拡大していただきたい。
 見てください。
 書いてあるでしょ?
 メカニックデザイン>I-IVって。
 この方、最近アニメ見てるとちょくちょく目にするな、って気になってたんですよ。
 あいふぉーさんという方らしいんですけど、ロボットのデザインだけじゃなくて、普通のキャラクターデザインもやられてる方だそうで。
 たぶん最初に気がついたのはアルドノア・ゼロだと思うんですけど。

 何が言いたいかっていうと、こういう旬で、ぶっちゃけギャラの高価そうな方がイラストを担当しているということは、出版社的に、発行部数が見込めて元手が取れると思っている、つまり、面白い、ってことですよ。
 ラノベの魅力の一つは確かにイラストですけど、イラストが良くても、話が面白くなければ、キャラが良くなければ、僕は売れないし、受けないと思っています。
 ので、僕はこの新刊を買います!



ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイド


 はい、本家竿の最新刊ですよー。
 これはもうWEB版にはない、書き下ろしになるのかな? でもAmazonの紹介文には書いてないな。
 アリシゼーション編はちゃんと読み終わったので、正座して届くのを待とうと思います。



魔法科高校の劣等生(21) 動乱の序章編〈上〉


 さすおに!
 さすおにってなにー、っていう、けものフレンズな流れを描こうと思ったけどうまくやれそうにないので普通に。
 ついにお兄様と深雪も3年生ですか。
 長いようで短かったですね、というか、2年生がなんだか印象薄ですよね。
 十師族な先輩方はこれからもちょいちょい出てくるんでしょうけど、尻上がりに小物感が抜けて来た服部とか、最終的に前巻で面白キャラに仕上がった桐原とかはもう出てこないかもしれないと思うと、ちょっと寂しいものがありますな。
 人によるかもしれませんが、僕がこの作品に求めるのは、圧倒的さすおに感です。
 この巻でも深雪と一緒に「さすがです、お兄様」と言えることを望んでいます。



はたらく魔王さま! ハイスクールN!

はたらく魔王さま! ハイスクールN! (電撃文庫)

はたらく魔王さま! ハイスクールN! (電撃文庫)


 ……なんでしょうね。
 和ヶ原先生はよほど苦しんでおられるのでしょうか。
 毎月のように本家以外の作品を上梓されていますね。

 はい、普通にゆるい感じの物語だと思いますので、楽しみにしていようと思います。




 以上です。
 いかがでしたか?
 気になる一冊があれば、ぜひポチってみてください。
 僕も頑張って、購入する以上のスピードで読んでいきたいと思います。

 では、また!

卑怯者はどっちだ

読書 格言


 実際に紐解いてみたところ、昔の手帳にはそんなにたくさんはメモしてなかった格言シリーズ。
 今回のは最近の読書から。



「卑怯なのは君の方だ。自分で事態の打開をするわけでもなく、対案を打ち出すわけでもないのに、ただセンチメンタリズムで他人を批判している。可哀想だからなんとかしろと喚いている。」 八代通遥 p.173





 原発オスプレイ、沖縄基地問題、デモに、保育園落ちた日本死ね
 もちろん「本物の意見」も含まれているのでしょうが、大半は「可哀想だからなんとかしろと喚いている」状態だと思っています。
 僕はこれが、自らの(本当の)無知・無能をウリにするテレビタレントと同じくらいに嫌いです。
 こんなに弱い僕だから、なんとかして。
 こう言っている様にしか聞こえないんです。

 なので僕は無慈悲にこう応えます。
 「嫌です。自分でなんとかしてください」

 以前、生活保護ネットワーク?みたいな名前の市民団体?のようなものから電話がかかってきました。
 曰く、助け合いを信念に活動している我々の代表に清き一票を、的な。
 もちろん僕は断りましたが、何故か相手が、なんでじゃー! と食いついてきまして。
 なんでじゃーもなにも、自分の財産を自分のために使えない様なシステムを作ろうとしているやつに、なんで投票しなきゃならんのかと。
 何かあった時、あなたも困るでしょう、と言われましたが、僕はそれにも素直に、そうですね、と答えました。
 相手は、でしょ、でしょ、だからね、と続けてきましたが、僕はそれとこれとは別です、もうお話しすることはありませんと電話を切りました。
 
 強者かどうかは知りませんが、確かに僕の意見は現状の立場からの意見でしょう。
 それは全くもって同意します。
 じゃあ相手の立場に立って考えてみて、と言われても、僕は非常にありがたいことに、幼少期は両親のおかげで、就職後は自らの働きにより、深刻な貧困や飢餓に喘いだことがありません。
 想像くらいできるだろ、と言われれば想像くらいしますけど、法律とか論理とか僕の信じる正しさとかを捻じ曲げていい理由にはなるかもしれないと想像はできますが、じゃあそれを許容せよと言われたら、やっぱりダメです、と言うしかないでしょう。
 というか、たぶんですけど、僕の場合、そういう立場になってしまったら、わりとあっさり死を受け入れそうな気がします。
 話が逸れましたけど、じゃあ、逆に、こっちの立場になって考えてみてくださいよ、あなたは誰かが、困っているからこちらからはなにもしないけど助けて、って言われたら、自分のリソース手放せますか。
 後続の誰かのために、いつか返ってくるかどうかもわからない何かのために投資しろと言われても、ちょっと難しいんじゃないですかね。

 無駄に熱くなって話が逸れまくっている気がしますが、兎にも角にも、「建設的な話し合い」が出来ないんじゃあ、こっちも相手しないよ、っていうのが僕のスタンスです。
 「保育園落ちた日本死ね」は元々はそうですが、空に向かって叫ぶのは個人の自由なのでいいんです。
 ただ、己の弱さを武器にして、他人の人の良さに付け込むようなやり方は気にくわない。

 ああ、これはいいんですよ、別に。
 僕は足元に掘った穴に向かって叫んでるだけなんで。